レゲエバッシュのバッシュ

レゲエといえばボブマリー、バッシュと言えばコンバースが本家?といえますが、レゲエバッシュのバッシュはそのバッシュじゃな~い!のです。

この場合のバッシュは bash。カタカナ英語だと バッシング、といえばわかりやすいでしょうか。

語源は「いやというほどたたく、打ち壊す」。かなり激しい言葉ですね。こわいこわい。

で、これがフレーズとしての用語となると

throw a bash スロー ア バッシュ で ワイルドでクレイジーなパティーを開く

have a bach ハブ ア バッシュ で 能力やスキルはないけどとにかく死に物狂いでやってみるぜ!

となります。以上2つの使いわけはイギリス英語では明確に使われますが、アメリカ英語になるとどちらも最初の「ワイルドでクレイジーなパティーを開く」となりますね。それでも ネイティブ的には thorw a bash を使うのが基本です。
で、どのくらいワイルドでクレイジーかというと、最初からそのような目的で開かれるパーティーもありますが、どちらかというと、卒業式後のパティーが流れに流れてクレイジーになっていく感じでしょうか?

もう誰にも止められない、それがバッシュです。

レゲエバッシュ in Japan

10年ほど前まら レゲエバッシュ というタイトルで全国でイベントが開かれています。大きいところで東京幕張、神奈川三浦、広島など。

2008年の公演概要は以下の通り。他のレゲエイベントはレゲエライフのサイトなどで詳しく。

幕張ベイサイド レゲエバッシュ

2008年5月10日

幕張ベイエリア特設ステージ

三浦レゲエバッシュ@潮風マリーナ

2008年6月24日

三浦特設会場

広島レゲエバッシュ

coming soon!

いずれも雨天決行。レゲエバッシュはアツイのです。

異色のレゲエシンガー

2006年にはなんとアヘアヘの間寛平さんも本名間重美でレゲエデビューしている