生活保護を受ける基準

生活保護を受ける資格は「働くことができない人」です。「働きたくない人」ではありません。 家庭の事情で就労が困難な場合、たとえば、母子家庭、病気の人になります。生活保護を受ける、というとマイナスのイメージを受ける方もいるかもしれませんが、生活保護は厚生労働省が保障する立派な国民の権利です。一人で悩まず、まず地元の役所に相談してみましょう。 職員は守秘義務がありますから、相談したことが他の人に漏れる心配はありません。生活保護を受けるにあたって、介護保険や育児助成金、他にも保護を受けられる制度があるので確認してみましょう。

生活保護と持ち家と車

ほったらかし資産サイトで”ザクザク稼ぐ!”資料請求アフィリエイトパーフェクトマニュアル!
生活保護を受けたいけど、持ち家がある場合はどうするの?と思われる方もいらっしゃると思います。ローンが残っている場合は売却することになります。

この場合は住宅扶助の対象となり生活保護とは別に扶助金を受け取ることができます。 住宅ローン完済の持ち家、敷地がある場合は、生活する場所としてみなされますので、手放す必要はありません。

ただし、売却した場合多額の収入が得られるようですと、売却することになります。車を所有している場合は手放すことになります。 ただし、車がないと生活が困難な場所に住んでいる場合は、まず相談してみましょう。

生活保護と借金

生活保護は借金があっても受けられます。ただし借金の返済に生活保護を使うことは認められていません。

返済しなければならない借金がある場合はローン付住宅などの場合は売却、もしくは自己破産の手続きをとることになります。