葬儀で受付になったら

社会人になると増えるのが葬儀への参列。会社関係では新入社員など受付を頼まれることが多いようです。
故人、そのご家族にとって大切な葬儀ですので、受付を頼まれたらつつがなく務めたいものです。
受付係りになった人は必ず全員で顔あわせをして各自の役割を確認しましょう。
受付に必要な備品、芳名帳、香典箱、名刺受、事務用品などの確認をします。会葬礼状や御礼品などは渡しやすい場所に。
葬儀開始時刻の30前には準備を完了して、持ち場に待機します。
供花や供物、は係りの方か式場へ連絡し、弔電は速やかに司会進行係りへ渡します。
会葬者をら一礼して迎え、弔問者には芳名帳に記帳をお願いします。お悔やみの言葉をいただいたら「ご丁寧に恐れ入ります」と答えましょう。
焼香が始まってからの弔問者には「ご焼香をお願いします」と言って式場に案内します。
連名の香典には全員分の礼状と御礼品を渡します。渡し漏れは大変失礼にあたります。
戴いた香典と芳名帳を照らし合わせて確認をとることを忘れないでください。

喪服一言

突然やってくるのがお葬式。社会人になったら3シーズン用の喪服を揃えておきたいもの。

葬儀後は速やかにクリーニング屋さんに持っていきます。

「あ、しまった」というタイミングで必要になることが多いのが喪服です。