防災用品 ::: 三角消化バケツ

三角形だから邪魔にならないんです。この三角バケツ。東京都災害対策普及指導品消防法認定品でもあってとっても優秀なんですね!

ボヤや火事の時には早期消化が一番大切です。三角バケツは消化バケツとしてだけでなく、災害時の非常用飲用水としても利用できる便利ものなんですよ。三角バケツがいくら非常用、といっても災害はいつやってくるかわかりません。防災用品として、非常時には飲用水になりますから、できれば2-3日置きごとに水をかえるといいと思いますよ。

三角バケツに汲んである水はお庭にまいてもいいし、お風呂やお洗濯につかってもいいですね。そうすることによって日ごろから防災を意識する生活ができると思います。

災害の時には「とにかく水、水!!」というのが被災者の方々の実感のようです。ペットボトルの買い置きをしておく、お風呂に水を貯めておく。地震だけでなく火災を意識して7リットルも入る三角消化バケツを防災用具として用意しておく。大切なことですよね。

防災用品 ::: 携帯充電器

災害にあった時、気になるのは、家族や親戚、友人の安否ですよね。災害発生時は携帯の通話はつながらないことがほとんどですが、メールなら何度も送らなければいけませんが、かなりの確率で相手に届くようです。

被災経験者の体験談だと、安否を確認するために電話をかけてくるのはやめて欲しい、ということです。なぜならば携帯のバッテリーがなくなってしまうから。地震などの災害で電力の供給が止まっている時は極力携帯の利用は避けたいもの。でも家族の安否は気になるし。そういう時に電力を使わない充電器があったら便利ですよね。

防災用品の通販でも人気があるのが太陽光などを利用したバッテリーチャージャー、充電器です。太陽光を利用したものや、車のシガーライターで充電するもの。とにかく、1人1台は携帯を持っている現代ですから、災害時でも携帯の通話やメールは確保したいですよね。防災用具として携帯充電器はわすれてはならないグッツのひとつですよ。通販で格安に販売されていますから、普段の充電器としても使える「ソーラーチャージeco」などを探してみてください。