シェルのエコバックは芸能人にも人気

山田優をはじめとする若い芸能人にも人気なのがシェルのエコバックです。エコバックは様々なブランドから出ていますが、シェルは20代の女性に人気です。価格も安く1000円以下で、買いやすい金額です。あっという間に品切れとなり、現在は入手困難です。オークションなどで高値が付いている事が多く、シェルのエコバックの人気が伺えます。希少価値が高いため落札金額も高額になるようです。

シェルのショップで買い物をすると購入する事の出来るエコバックもあるようです。デザインは、シェルのロゴマークとハートが交互に印刷されていてとてもキュートなエコバックになっています。ショップは、原宿と代官山にあるためシェルのエコバックを持っている人を表参道あたりでよく見かけます。エコバック自体、かなり普及されていますが、シェルのような若い女性に人気のブランドがエコバックを販売することで、若い女性へのエコバックも普及され環境問題に繋がります。

普段エコに興味がない人も興味を持つきっかけになるかもしれません。いまや、キュートなエコバックを持っているということは、若い女性のトレンドとなりつつあります。

シェルエコバックでエコライフに貢献

シェル(cher)のエコバックを持つ、ということ。考えたころがありますか?2007年8月にシェルはshopperから有料のエコバックに全面的に切り替えたのです 。

「エコとは何か?」「自分達にできることは何か?」アパレルメーカーとしてのcherがとった決断は有料のエコバックの販売、ということでした。強度も何度もチェックし、シェル(cher)強化版エコバックも発売。シェル好きの女の子達に大人気です。シェル(cher)はこのエコバックで利益を出すことを考えていなく、エコライフに注目し、「何度でも繰り返し使えるショッピングバック」として販売しています。

エコバックの収益金は日本自然保護協会、サーフライダーファンデーションへ寄付されています。日本自然保護協会はその名の通り、日本の自然を守っていくことに力を注いでいるNGOです。サーフライダー・ファウンデーション(Surfrider Foundation)は、サーファーやボディボーダーの視点から海辺の環境保護活動を行なっている団体です。

鎌倉にはシェル(cher)のCherShore(シェルショア )があります。ここでは鎌倉店限定のエコバックが販売されていて、なかなか手に入らない!というほど大人気。多数のモデルさんも気に入って使っているようです。注目度も高く、私達がクラス自然にも貢献しているシェル(cher)、CherShore(シェルショア )のエコバック。ファッションとしてだけではなく、エコライフの観点からも購入を考えてみたいですね。