ジンギスカンバケツで手軽にアウトドア焼肉、バーベキュー

岩手県遠野市は民話で有名ですが、最近ではジンギスカンバケツで有名なんです話題のジンギスカンバケツは、遠野では40年以上も前から広く使われているということですから驚きですね。

ジンギスカンバケツは穴の開いたブリキのバケツに燃料を入れて着火し、バケツの部分にスッポリとジンギスカン鍋をはめるだけなんです。お肉をのせると、ほどなくしてジュージューと美味しそうな音がしてきるんです。

今までのアウトドア用のコンロのように面倒な火おこしなどは全くありません。ジンギスカンバケツ用の固形燃料で1分もしないうちに鍋が熱くなって、焼肉開始!!なんですよ。アウトドアで使うグリルとしてもこのジンギスカンバケツの高さもちょうどいい感じです。

初めて見た方は「火力は弱いんじゃないの?」と心配されたりしますが、全く問題ありません。瞬く間にジュージューと美味しいジンギスカン、焼肉ができるんです!アウトドアに大活躍しそうなジンギスカンバケツですね!通販でも大人気で売り切れ続出の模様ですよ!

ジンギスカンバケツの口コミ

岩手県遠野市発祥のジンギスカンバケツは「勝手よかった!」と反響がものすごいようです。とにかくコンパクトで持ち運びに便利。火力も固形燃料でがさばらないし、熱効率が驚くほどいい!!

固形燃料だから煙もでなくて、子供がそばに寄っても安心してジンギスカンを楽しめました!「ジンギスカン」バケツだけど、「バーベキューも美味しくできました!」と口コミでとにかく大人気。別売りのジンギスカンバケツ用に使用する固形燃料です。このジンギスカンバケツの秘密はバケツにあいている穴なんですね。

ジンギスカンバケツの考案者の安部好雄社長が昭和30年に始めてジンギスカンバケツを作り出して、試行錯誤を重ねてできた抜群の穴調整。このおかげで熱効率がよく、固形燃料に火をつけてから1分で調理可能な状態になるんです。

とにかく、ジンギスカンバケツは「準備や後片付けに時間がとられなくて、とってもいい!」と口コミで評判。遊んで、食べて、食べたら、遊んで!!そんな楽しいアウトドアグルメができそうですね。早速通販で購入してみてはどうでしょうか?