ポニョの湯たんぽとすやすやポニョ

ポニョの湯たんぽがあったら、ベットのなかもあったかくなること間違いないような気がします♪そして大人気の「すやすや」ポニョも湯たんぽのお供に一緒にベットへ。二つのポニョがあったら、楽しいですよね。

「崖の上のポニョ」の舞台は、海辺の小さな町。崖の上の一軒家に住む5歳の少年・宗介。ある日、クラゲに乗って家出したさかなの子・ポニョと出会う。そしていつしか宗介のことを好きになったポニョ。宗介もポニョを好きになってしまう。でも、そんな二人の仲を裂くかのように、かつて人間を辞めて、海の住人となったポニョの父・フジモトによって、ポニョは海の中へと連れ戻されてしまう。 「人間になりたい!」と願うポニョは、妹たちの力を借りて父の魔法を盗み出し、再び宗介のいる人間の世界を目指すのだが……。

これだけ読むとジブリ版「人魚姫」という感じですが、人魚姫と違うのは5歳の宗介が約束を守り抜くというところ。少年と少女の純粋な愛と冒険の物語なんですよね。

ポニョの湯たんぽを通販で

ポニョの湯たんぽは人気なようで、品切れ状態が続いていますよね。特にガソリン、灯油が高い昨今は湯たんぽが大活躍ですよね。電気毛布も電気代がバカにならないですし、お湯だけでベットやお布団がぽかぽかふかふかになる湯たんぽは一人1個は持っていたいアイテムかもしれません。

湯たんぽを寝る30分前くらいに布団のなかにいれておけば、寒い思いをせずに布団にもぐりこめますよ。しかも湯たんぽは体があったまってもヒーターのように空気が乾燥しませんから、のども痛めないんですね。お布団の中だけでなく、子どもが勉強する時に足元においてあげれば頭寒足熱で学習効果もあがるかも!ですね。

そんな湯たんぽは通販で購入するのが絶対お得です。予約購入も簡単にできますし、他の商品とまとめ買いなどで送料が無料になったり、ポイントがたまって次回購入にしようできたり、とにかくお得ですよね。ポニョの湯たんぽはカバーのみ通販で販売されているようです。本体はトタン製のものを使うと暖かさが長持ちしますよ。