セガのペコっぱ

セガというとビデオゲームのセガサターンやソフトの印象があるのですが、おもちゃも作ってるんですね。癒し系グッズとして販売されているのが「ペコっぱ」なんです。ペコっぱセガトイズからリリースされていつ「空気がよめる草」なんですって!

KYテクノロジー搭載ってなんだかすごそうなものを使っているんですね。これはインタロボット(ロボット、CGキャラクタ、次世代コミュニケーションシステム開発の会社)と共同で開発したそうです。ってなんだか難しそうですが、要は「話の区切のタイミングを判断して”うんうん”とうなずいてくれたり、葉っぱを揺らしたり」してくれるんですね。うなずきも2段階です。

愚痴を聞いて欲しい時、ペコっぱが「うんうん」と深くうなずいてくれたらなんだか気分も軽くなって癒されそうな気がしませんか?誰にも言えないことがあるけど、口に出して言いたい。そんな時ありますよね。ペコっぱはバイオメタルという動きが滑らかになる素材を使用しているので、本当に話を聞いてうなずいてくれているような気がするんです。

癒し系グッツおもちゃ

おとなが癒されるおもちゃはタカラトミーのフラワーロックなどもありますよね。「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」で母の日のプレゼントに主人公とその彼女がおかんにそれぞれ別々にプレゼントしているシーンがありましたよね。そのあと主人公がもめごとの後フラワーロックに話しかけるシーンも。で、フラワーロックがぴぴっと動く、。

反応してくれるっているのは癒し効果があるんだなーって思いました。

セガのペコっぱもフラワーロックも癒し系グッツですが、たぶん、これは人間に必要な要素なんでしょうね。「ほっ」とする瞬間、自分は一人じゃないって思う瞬間。投げたボールを受け取って返してくれる。おとなの癒し系グッツだけでなく子供にも癒し系のおもちゃが必要だともいいます。「がんばるだけでなく癒されることも大切」。大人にも子供にもいえることなんですね。