m-51ミリタリーパーカー

M-51(M51)のオリジナルは米軍のミリタリーパーカー(ミリタリーパーカ)、野戦用パーカーです。パーカーの中で一番人気のモデルではないでしょうか。
米軍が1951年に開発した防寒用フィールドコートがm-51。朝鮮戦争で使用され、m-51のライナー統合はベトナム戦争で採用されたm-65へと引き継がれました。m-51パーカは戦後、大量のデッドストックがアメリカ軍からイギリスへと流れていきました。そしてその当時イギリスファッションの代名詞だったモッズファッションと相性がよく人気コートとなります。イギリスのモッズ達に愛されたのが、m 51がファッションとして注目されるきっかけとなったようです。

オリジナルのm-51パーカーの特徴は、重ね着に適したゆったりしたシルエットと、フィッシュテール(フィッシュテイル)と呼ばれる長めのバックデザインです。

m-51モッズコートはこれだ!


モッズコートとしてm-51は有名になりましたが、日本でさらに有名になったきっかけは「踊る!大走査線」で織田裕二演じる青島刑事が着ていたのがブレイクとなったようです。

織田裕二が着ていたのは国内ブランドのヒューストン。アメリカ製ではROTHCOのモッズコートが人気です。ロスコ(ROTHCO)のモッズコートは薄手の綿製でとにかく動きやすいと評判です。そのメジャー度はスーツに合わせてビジネス使いされるほど。メンズだけでなく、女の子達にも人気です。

アメリカ軍m-51の復古版ですが、、肩口のエポレットやフラップ付きポケット、各所ドローコードなどミリタリーらしいディテールに凝っていて、本格的なミリタリー仕様となっています。ライナーを取り外せば春先着れるのが嬉しいロスコ(ROTHCO)のモッズコートです。

その他にもshipsのモッズコート。シャツ生地を使用したタイトシルエットのモッズ コートとなっています。アメリカンタグシーのm-51 といえばShottoとコラボしたm 51モッズコート。ファッションリーダーのユナイテッドアローズもグリーン・レーベル・リラクシング(Green Label Relaxing、GLR)でモッズコートを販売。胸のジッパーがポイントで、生地は綿混紡で、ライナーは取り外し可能です。