ノニの効用

ノニは東南アジア~オセアニア地方の熱帯で育つ果実をつける植物で、とくに南太平洋の島々で多くみられます。日本では沖縄諸島で天然のノニが採取することができ、タヒチアンノニや久米島ノニはノニ石鹸や、ノニ茶、ノニジュースなどを販売しています。

ノニがなぜいいのか。それはノニの実がカラダにいい栄養素を多く持ったハーブの一種だからなんです。各種ビタミンやミネラル、健康に欠かせない必須アミノ酸などを含んでいます。ノミの果実は収穫されてから3-7日で発酵を始めるのですが、このノミの発酵加重に必須アミノ酸、体脂肪の燃焼に有効な中鎖脂肪酸、ポリフェノール類など、生活習慣病やメタボにとても効用がある有効成分がふくまれているんです。そしてノニの最大の有効成分がップロゼロニンなんです。

プロゼロニンは脳内ホルモンのエンドルフィン(脳内モルヒネ) を活性化して鎮痛効果や、セロトニン(脳内の神経伝達物質)に働きかけ、気分を爽快に作用があります。しかしながら、ストレスなどで大量に削減されてしまいます。

ノニの効用を上手に摂る

ノニはストレスが多い現代社会にはとても有効なハーブで、その最大の特徴成分プロゼロニンは他の一般的な果物には殆どふくまれていないのです。ですからノニが注目されるんですね。

果物としてノニの有効成分を摂取しようとすると大変ですが、ジュースや錠剤でノニの効用成分を摂ることができます。

ノニの効能は

高血圧を改善し動脈硬化や脳血栓の予防になる

ガンの発生を予防する

老化現象を抑制

エネルギーの補充消化器系、心臓疾病の予防

アレルギー改善

鎮静効果(痛み止め)

安眠効果

ほてりやのぼせ、冷え性など、体温調整に効果 などがあげられます。

注目すべきなのはメタボとガンへの作用ですね。メタボの人は高血圧である人が殆どで、血圧を通常に戻すことが必須です。またガンになっている人はモルヒネなどを用いずに鎮静効果(痛み止め)の効能を期待することができます。天然ノニジュースなら副作用の心配も少なく、お薬と併用して飲むことも可能かもしれませんね。