音痴になりやすい人

音痴は生まれ持ったものではなく、生活環境や精神的なことがきっかけになることも多いようです。音痴になる要因も様々なので、いくつか紹介します。
まず、音痴な人が家族にいるというのも音痴の要因になります。小さい頃から音痴な家族の歌に耳が慣れてしまうと、音程やリズムに対する感覚がどんどんすれていってしまうのです。このようなタイプの人は元々の感覚が人と違ってしまっているので、他人に指摘されるまで自分が音痴であることに気づきにくいことが多いようです。

また自分勝手で落ち着きがないタイプの人も音痴になりやすいようです。このようなタイプの人は、普段からなんとなく音楽を理解し、正確に音程やリズムを把握しないまま歌っているので、音痴になってしまうのです。

他には、大きな声で叫ばないと歌っている感覚がないというタイプの人もおり、このタイプは大きな声で叫ぶうちに音程に対する感覚が麻痺してしまって、音痴になってしまいます。日常生活の中で溜まってしまったストレスを、歌で発散させるタイプの人にはこのような音痴が多いです。

幼い頃から音楽に関心がなく、音楽に接する機会も少なかった人は、音程やリズムをとる能力が充分に養われないので、音痴になりやすい傾向があります。成長していく内に、音楽に触れたり歌ったりすることが少なくなってしまった人も音痴になりやすいので、カラオケだけでなく、適度に音楽に触れることが必要です。

音痴の克服方法

音痴の矯正はただ歌い慣れれば良いというものでもありません。まずは自分が音痴であるということをきちんと認識し、自分の音痴の原因が何なのかを知る必要があります。原因別の克服方法を見てみましょう。

自分が音痴であると知るきっかけには、自分自身で自分の歌に違和感を覚える場合と、カラオケなどで他の人から指摘されたりする場合があります。どちらの場合でもまずは自分の歌を録音して聞き直し、どこがおかしいのかを分析する所から音痴矯正は始まります。自分自身で気付いた場合は、音程やリズムの思い込みや、歌い慣れないことで音痴になっていることが多いです。このような場合は、音楽を聞き込んで歌い慣れることで矯正しましょう。

一方、他の人に指摘されて気付いた場合は、小さい頃からの環境や、耳が悪いことが原因であることも考えられます。この場合は骨伝導を利用した音痴矯正をします。また音痴と言っても音程には問題がなく、原因がリズム音痴であるケースもあります。リズム音痴の場合は、リズムの要であるドラムの部分を聞き込んで、リズムを取る練習をすることが効果的です。

実際に音痴を矯正するための曲を選ぶ際は、途中で音痴矯正を挫折しないために、難しすぎない、自分の好きな曲を選曲しましょう。どのようなタイプの音痴であっても、腹式呼吸や発声練習などを行うのは基本です。音痴矯正にはカラオケでなく、ボイストレーニングのスクールを利用するのも、非常に効果的です。