音痴を痴矯正する腹式呼吸法

音痴を治したい人へ。日常生活で使う声と歌う時では、呼吸法は全く異なります。最初は順調に歌えていたけれど、途中で息が続かなくなり音程やリズムが崩れ音痴になることがありますが、これは間違った呼吸法をしているからです。

胸式呼吸は、多量の酸素を肺に溜め込むことが出来ずに息切れを起こしてしまうので、途中で音痴になってしまいます。しかし腹式呼吸にすると、吸い込んだ空気が肺の下にある横隔膜を押し下げるため、多量の酸素を肺に取り込んで溜め込むことができ、音痴の原因となる息切れを防ぐことができるのです。

音痴を直するためには、まずは正しい呼吸法を練習しましょう。呼吸法は大きく2種類に分けられ、日常生活では肋骨(あばら骨)を広げて呼吸する胸式呼吸が中心で、歌う時に必要なのは、横隔膜を上下させて呼吸する腹式呼吸が必要となります。胸式呼吸の特徴は肩が上下すること、腹式呼吸の特徴はお腹が動くこと、という点を頭に入れて自分の呼吸法をチェックし、胸式呼吸の場合は矯正しましょう。

音痴矯正に有効な腹式呼吸の練習法は、まずリラックスして鼻で呼吸し、お腹に手を当ててお腹が動く感覚を確認し、次にお腹がへこむまで口から息を吐き出します。充分に吐き出したら、また鼻から息を吸いお腹が膨らむまで息を貯めて、その息を鼻から吐き出します。この鼻呼吸を繰り返し行うことで、徐々に音痴矯正に有効な腹式呼吸が身についてきます。

ハミングで音痴矯正

音痴矯正方法として、口を閉じて発声するハミングは、耳に直接音を響かせることができるので、効果的と言われています。口を開けて歌う場合、音程をごまかせるテンポの速い曲を選曲すれば、勢いで音痴を隠すことができます。

しかしハミングは音痴がごまかせないので、自分の音痴も明確に理解することができるのです。(音痴といわれている鈴木亜美さんも早いテンポの曲ならOKと口コミでもいわれていますね)特にハミングは、自分が音痴だということを自覚している人へお勧めの音痴を治す矯正方法です。なぜなら自分の声を正確に認識できる人は、音痴を矯正しやすいからです。

ハミングで音痴を直す場合は、まず体全体の力を抜きましょう。音痴である原因を確認しやすくするためには、冷静に自分の音程を認識できるよう、体全体をリラックスさせることが必要です。リラックスすると、声帯が締まることで上手く声が出ずに音痴になるという心配もなくなります。

ハミングのコツは、鼻から息を抜いて発声することです。音痴を矯正するためには、自分自身の中に声を多く取り込むことが肝心なのです。口から息を抜くと、声が外に出ていってしまうため、自分自身の耳に聞こえる音の量が少なくなってしまいます。

リラックスしてハミングできるようになったら、音がどのように変化するのか知るために、唇に少しだけ力を入れてみたり舌を動かしたりしてみて下さい。この練習をすることで、高音・中音・低音はどの程度の力の入れ方をすると出るのかを把握することができ、徐々に音痴が解消されます。